• 応急手当と救命措置について、すべての警備員が一定の技術を持つべきと考えています。